06月 « 2006年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

久しぶりに・・・

2006年 07月30日 18:12 (日)

7月30日 めっちゃ夏日だね。

昨日から実家に帰っています。
と言ってもまた今日の夜、家に帰るんだけどね。
海ちゃんが入院したりでここ一週間は大変だったので、
リフレッシュしょう >^0^<
ということで、まずは髪をカットしよう!!!

私は元々ロング派なんだけど、久々のイメチェン。
ミディアムまで思い切って切っちゃいました。
頭、軽ぅぅぅぅぅぅい。

やっぱね、夏って如実に年齢がでるのよ。


若さがはじける季節、夏。
だから、若い女の子なんて見ていたら、まぶしくて
クラクラしちゃう。
男性が「目が疲れる季節」ってわかる!!
思わず目がいってしまうものね。素敵な女性が露出系の
服着ていたら、私だってみてしまうもの。



そこで私も、「若返ってやろう!大作戦」

メイク用品まで、購入。

まぁ・・・・もう買わないとかなり、貧乏くさかったからね。

そんなこんなで・・・・

すつきり、元気!!!!!

財布もすっきり・・・・カラッポ(笑)

私だって、子供がいるからって、守りに入ってたら
だめなのだ!



女の子はいつまでもかわいくなくちゃ!なんです

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ブログランキングに参加しています。
ご協力、お願いしまぁす。
f_01.gif


banner_03.gif

スポンサーサイト

いいわけ。

2006年 07月29日 15:04 (土)

      いいわけ。

失敗した時に出る負け惜しみは

気持ちが前に向いている証拠。

自分には無理だとか、

あらかじめ出来ないかもしれないからって

諦めてしまう時に出る言葉は

ちょっぴり、たちが悪いよ。

彼方はそれを「言い訳」と呼び、

自分を守っているつもりでも・・・ね。

ただ、ごまかしているだけなんだ。

本当は

彼方自身の可能性を狭くして、

自分を追い込んでいるんだよ。

退屈という、行き止まりに。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ブログランキングに参加しています。
ご協力、お願いしまぁす。
f_01.gif


banner_03.gif

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

微 熱

2006年 07月27日 23:56 (木)

なんだろう。
何気なく気だるて、ぼおっとした状態。
なんだか、ふわふわしていて
軽く思考停止状態の私。

熱があるのかな?

でも、恋にはまりこんでいるときって
きっと、こんな感じなんだろうな。

頭の中がほてって、心がずっと微熱状態なんだ。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ブログランキングに参加しています。
ご協力、お願いしまぁす。
f_01.gif


banner_03.gif

「私を好きになって」

2006年 07月27日 02:04 (木)

    「私を好きになって」

「私を好きになって」

急に君がつぶやいた 夏休み

金色になった 夕涼み

風鈴の音がリンとなった

君はゆかたの裾の泥はねを気にして

泣いてるように笑った。


メロン味のかき氷

縁側に並んだ2組のげた

足のすねに作った2つのばってんを

煙をはきながらみつめるぶた

「舌が青くなったね」と

みつめあった 2人の夏休み

テーマ : 恋愛詩
ジャンル : 小説・文学

2006年 07月26日 14:17 (水)

7月26日  暑いなあ。

海ちゃんがやっと、外泊許可でました。
さっそく、ブログ復帰!!!
よろしくね。

タイムリー

2006年 07月22日 23:30 (土)

    タイムリー

素直に謝ろうと思ってTELしたのに

そんな時すら あなたにつながらない

一日遅れで話しても

その時の夜の深さまで伝えられないよ。


女心は鮮度が命

生まれたての真っ白な気持ちは

あしがはやくて 溶けてしまうよ。

テーマ : 恋愛詩
ジャンル : 小説・文学

デジャヴ?

2006年 07月22日 23:26 (土)

     デジャヴ?

明け方 目が覚めてしまった。
朝でもない 夜でもない中途半端な空
単純に怖い夢の方がよっぽどよかった
もう一度 眠りにつけたから。

とても後味の悪い 嫌な気分
でも不思議なくらい
妙になつかしかった。

後 もう少し考えたら思い出せそうな
前にも一度 同じ様な夢をみたような
そんな感じがして 心がざわついたんだ。

だから朝まで起きていた。
なんとも得体の知れない 不確実な感情
私は何に触れてしまったのだろう。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

悲しい事件が多すぎる

2006年 07月20日 01:23 (木)

最近、悲しい事件が多すぎる。
なんだかあんまりにも残酷な事件が起きるから、

ぇえっ!また。」

って思ってしまう。
みんな生まれて来たときは同じ、真っ白な気持ちだった
と思うんだけど。

「子供が疎ましくなった。」
最近テレビで連日にぎわしている事件の容疑者(被疑者になった
のかな?)のコメント。

確かにね、子供が出来たら何もかもが子供中心の生活になって
しまう。正直自分の時間だってほとんどない。

でも子供たちは勝手にこの世に生まれてきたんじゃない。
子供達は(まあ私達もだったんだけど)親を選ぶなんて
ことも出来ず、大人の都合でこの世に送りだされたわけでしょ?

この世に送り出した者の責任として、
この子たちが生きていく力を充分持つまで、
守ってやらなきゃいけないと思うんだけど。

・・・じゃなきゃ、命って何んなのさ。

自分の快楽だけで、相手を傷つけたり、するそんな事件。
性の犠牲になる幼い子たち・・・

愛しいと思う気持ち・・・・忘れてない?
自分にも気持ちがあるのと同じ、相手にだって気持ちがある。
痛みも悲しみもあるんだよ。


自分だけが楽しい幸せなんて、幸せじゃない。
悲しいんだよって。

ニュースを見るたび、涙がでてくる私です。

気になるよ・・・

2006年 07月18日 23:23 (火)

   気になるよ・・・

急に無言になったり、

おもむろに煙草を取り出したり。

私といるの、退屈?

不安になるの。

例えそれがなんの意味もない仕草だとしても、

女の子はいつも些細なことも見逃せないんだよ。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

「夢」

2006年 07月16日 23:20 (日)

      「夢」

私はたくさん「夢」をみる。

朝 目が覚めるまで見る

無数の夢のように。

それは、

こうだったらいいなって思う願望でもあり、

いつかたどり着きたいと思う目標でもあり。

「夢」は 歩んでいく力。

たとえ叶うことなく終わったとしても、

あこがれる事に

罪はないんだから。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

あのね・・・

2006年 07月12日 00:56 (水)

あのね・・・
ほかの誰よりもきっと、
私が一番彼方の事を愛しているから。


だから、私のわがままを
世界で一番 かわいいと思っていてください。


今年の七夕の短冊に書いた、
宇宙で一番勝手な私のお願い事。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

独り言

2006年 07月10日 23:58 (月)

      独り言。

軽く耳に入ってくるなって

いうぐらいの感覚で聞いて欲しいんです。

愛ってね、

結局のところ、その時々によって

泥臭かったり、おしゃれだったり、

きれいだったり、せつなかったりするんだよ。

難しいもんじゃなくて、さ。

人間だけが持っている

複雑怪奇な感情でしょう?

生物学上別に存在しなくてもいいもので、

ただ、それじゃあ味気ない・・・

よって神様が人間に試験的に試したものなんだよ。

だから難しく考えて振り回されちゃ

いけないと思うんだ。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

今、軽く一杯飲んで、いい気分で書いてます。
なんだろ。。。。
頭にぽかんしと浮かんだ事を思いついたままに
書きたかったんです。

おやすみなさい。


夏の色

2006年 07月09日 23:32 (日)

      夏の色

夏が本気になってくると

急にお外の景色の色あいがきつくなって、

色と色の境界線がくっきりと

それはまるで、

ひとつひとつの色が自己主張をしているようで

うかうかしていると

こっちが塗りつぶされてしまいそうだ。

空の青さも 木々の緑も

向日葵の黄色も、

本気で太陽と戦って今を出しているんだ。

どの季節よりも光沢度の高い

キラメキ光線をたくさんあびながら。

大事な人との七夕

2006年 07月08日 14:04 (土)

7月8日 暑いよぉぉぉぉ。

みなさん、昨日の七夕はいかがお過ごしでしたか?
一年に一日しか会えない、しかも携帯もメールも持ち合わせない
織姫と彦星。
超遠距離恋愛の二人の忍耐と愛情に乾杯です。
しかし、私だったらどうかな?
我慢でそうにない・・・なぁ。
しかも一年に一日しか会えないっていうのに、人の願いまで
きいてあげるなんて!!!!

今日しかないねんから、そっとしといて!
って私だったら言いそうだ・・・・・。

しかし・・・・
こんな遠距離恋愛の象徴のような七夕なのに、
いまいちカップル系の盛り上がりを感じないのは何故?
日本文化的に、バレンタインよりよっぽど七夕の方が
しっくりくると思うんだけどなぁ。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

トコロで佑月の保育所でも七夕祭りがありました。
といっても、園児だけの行事だったのですが、
先生方が朝から笹を取り付けて大忙しでした。
で、短冊にお願い事を書いてあったのですが、
「プリキュアになりたい。」
「マジレンジャーになりたい。」
等々、かわいいお願いばっかり。
で、佑月の短冊は・・・・

と、そこで先生
「ゆづきクンのは一番上の方ですよ。」
あっ、あった。

「ゆづくんね、なんか『クレパス、クレパス』っていうたんですよ。」

ふん、・・・・へぇ?

「だからね・・・・」

ん?短冊をみたら・・・・

〔クレパスがほしい。よしだゆづき。〕

まじかよ!
絶対欲しくないってぇぇぇぇぇぇぇ!うそつけぇぇぇ!
どっちかと言うとあんまり興味ないような気がすんだけど。

まあ、もしかしたらその時、なんとなく興味があったのかも?

私的には楽しく、幸せに大きくなってくれたら、
それでいいです。

あいまいな空

2006年 07月07日 00:00 (金)

      あいまいな空

明け方、
彼が寝ぼけて私の方に手をのばした
私はその腕にしがみついて
明け方の空を見る。

なんのくったくもなく笑ってすごすには
今の私には少々力不足で
何かにすがりたくなる、弱い私。
朝がやってくるまでには
またいつもの私にかえらなきゃ


あいまいに蒼い空をみつめて。

テーマ : 恋愛詩
ジャンル : 小説・文学

神様のきまぐれ。

2006年 07月06日 13:52 (木)

ちょっとの事でけんかして、

もう口なんか聞いてやるかって

力強く たんかを切っても

くだらない冗談なんかをきっかけに

何事もなく、笑っている。

それは、ね。

不思議な 不思議な

優しい呪文にかかってるからなんだ。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

甘くて 気分があかるくなる詩を書いてみたくなりました。

リフレッシュしてしまって、ごめんなさいね ^0^

テーマ : 恋愛詩
ジャンル : 小説・文学

だから、

2006年 07月06日 04:04 (木)

    だから。

もうだめだって思う事、

見なかったことにする事や

あきらめてしまう事は簡単さ。

でも、私とあなたとの間で

この、「現実」はこれからもずっと続いていく。



だから、これからも前を見て、

私はその手を離さない。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

2006年 07月04日 01:55 (火)

虹を見た。
暑くて 暑くて 何もかもがぼやける日
彼と2人で虹を見た。
普段 どちらかというと 現実的な彼が
「虹の出場所を見つけに行こう」と
大急ぎで車を出した。

本当に不思議な人ね あなたって。
こんな 夏の日だって かけがえのない 1日になる
ほんの数分間 お天と様が描いた七色も
24時間あざやかな 私達 2人の思い出

あっという間に消えちゃったね 虹。
青い 青いお空と 白い 白い雲
むしむし暑い昼下がりにほおりだされた
私とあなた。

なんだか 冷たいもの食べたくなっちゃったね。
私達は 笑った。 あなたでよかったって。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

脳内活性・・・だって。

2006年 07月02日 00:06 (日)

7月2日  育児って難しい・・・

どうもぉぉぉぉ。naoticaです。
ここんとこ佑月の育児方針で結構頭がいっばいだった私です。
保育所の個人面談で、佑月の発達面での指摘を受けて、
夫婦で色々、悩んだり、喧嘩したりと本当に色んな意味で
親ってホント大変って思った数日でした。

只今我が家の王子達は溶連菌にかかってダウンしています。
お子様をお持ちの方、今流行っているのでご注意を。
大人もかかりますよぉぉぉ。ご注意。

さてさて、そんな悩み多き私達夫婦のある夜の会話です。
お風呂からあがった私にテレビを見ていたパパは、興奮気味にしゃべりだしました。
「あんな、今めっちゃおもしろかってん。脳内活性って話でな・・・」

かいつまんで話しますと、人間の脳の活性方法と記憶力、そして
有効な記憶方法、などなど脳の仕組みを理解すれば、勉強の仕方とか
物忘れの防止とかできるっていう事・・・らしい。

なぜ、こんなにあいまいかといいますと・・・
その時私は、少々ぽちゃっとしてしまった体をどうやってダイエット
しようか・・・頭がいっぱいだったから。

笑うことは脳内にとってもいい、とか脳内トレーニングの方法とか
断片的には覚えているんだけどね・・・

あっ!ひとつ面白い話があった。
「悪口って脳の う○こやねんて。だから出さんと便秘になっちゃうねんて。」

・・・・なるほど。
「だからお前も我慢しないで、俺や友達でもいいからどんどん出せ。」

という事で・・・最近まで我慢してきた育児の事、姑の事を
話だしたら・・・
「あ、でもマックスでこられても、俺も許容範囲あるし、凹むからな。」

んんんんんん・・・・

パパには悪いが・・・便秘にならないようにっていうけど
あなたのトイレ、すぐつまるじゃぁぁぁん。

まあ、少し救われたけどね。

しゃぼんだま

2006年 07月01日 14:40 (土)

    しゃぼんだま

雨曇りの空の下

あなたと過ごした、しゃぼんだま遊び

私達の口元から

何度も何度も生まれてくるしゃぼん玉に

たくさんの気持ちと願い

そして大きな希望をのせて。

高く、広く飛び出して。


お日さまにまでとどきますように。