07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

私と「私」

2006年 10月30日 23:57 (月)

本当の私を

私はどれだけ知っているのだろう。

結局のところ

私は「私」を演じている。

新しく、ディープな世界を作ってみようと
思い立ち、別ブログを始めました。

蒼い月と翡翠の海

といいます。

よかったら、のぞいてみてください。

             naotica
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2006年10月31日 19:14

自分のどこまで自分はしっているのか。。。
むずかしいけれど
死ぬまでにはなんとか知りたいな^^

太一さんへ。

2006年11月01日 00:11

長い、長いテーマになってしまったな。
自分のこと、包み隠さずみれる鏡が
あったら楽だけど、そんな事したら、
私はきっと凹んでしまう。

なんてね。

2006年11月01日 01:25

全部、本当の私。。。だよ、きっと。

みんなを笑わせている明るさも。
強がって笑っているさびしさも。
一人で涙している弱さも。
楽天的なお気楽さも。
詩を書いているときのおだやかさも。
子供を思う温かさも。
好きな人を思うかわいさも。
本当は甘えたい幼さも。
ちょっと悪魔な若さも。
危ういほどの素直さも。
言い尽くせないけれど、
たとえ、それが演技だとしても、
演じている自分もひっくるめて、
全部全部、本当の。。。

2006年11月01日 05:35

私は演じる時がありますよ

ケンは私の投影です…
って、言える分だけは自分を分かってるのかなぁ?

2006年11月01日 15:25

んー・・
ネットの中での本との自分は8~9割ぐらいかも・・
後は少し隠してるんじゃ(笑
その為にHNってあるのかも☆

  詩・・ボチボチ書き始めたよ
  

tomo.. さんへ

2006年11月02日 00:03

そう。きっと全部私の姿なんだ。
「ちょっと悪魔な若さも。
危ういほどの素直さも」
この表現かっこいいね。
こんな風に移っていると思うと
うれしくてドキドキしてしまう。
ありがとう。

しぶさんへ

2006年11月02日 00:09

ケンくんでしょ。
しぶさんの思い入れ、すごく感じたもの。
とっても「しぶさんぽい」と思ったよ。
本音をべらべらしゃべったりしない、
でも意思の強いケン。

しぶさんもそうなのかな。

R*ちゃんへ。

2006年11月02日 00:11

HNってありがたい。
素っ裸な私にならないで
本音が言えるものね。
そういう意味では8~9割の私
なのかも。

詩、待ってました!!!
楽しみにしてるね。