09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局の心理

2006年 06月25日 19:00 (日)

6月25日 今日は法事でおつかれよ。

今日は大ばあちゃんの1回忌でした。パパのばあちゃんです。
田舎のしかも長男の嫁!しっかり努めさせていただきました。(極妻風に。)

そしはさておき、
「結局」の詩について。

こういう「ダメ男」的な男にひっかかる事ってありますよね。
別にダメ男じゃなくても、自分と絶対に合わないタイプの人
との恋愛とかって、頭では分かろうとしているけどなかなか
踏ん切りがつかない。

私にはあまり経験がないのですが、よく聞きますね。
「なんで、あの娘が!」
って思う事、またその逆も。
「なん~であんな娘がいいのよぉ」
ってね、こっちの方が根深かったりして(笑)

女からみるいい女と男から見るいい女が違うのと同様に
きっと、男から見るいい男と女からとは違うのでしょうね。

男から見た、いい男と付き合ったら、女は幸せになるのかな?

・・・いちがいにはいえないか。

でも、ダメ男にひっかかって迷路のような恋愛をしてる人って
きっと寂しがりなんだろうね。
答えがない恋だから、救いがないんだけど・・・・

それなりに、恋に生きてるっていう自虐的な生きがいを
感じているのかもしれないな。

そういう気がします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2006年06月26日 16:25

詩とこちらの記事を読んで
ふむふむと納得してしまいました!
前で失敗したから、今度は慎重にって
思っていたはずなのに、なんとなく
似ているところもあったり・・・

2006年06月26日 23:51

類は友を呼ぶ。
っていう言葉もあるぐらいですしね。

好みってそうそう変わらないし、
難しいトコではあるんだけど・・・

理性で恋は出来ないものね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。